Webの活用で、届書記載や書類郵送の煩わしさを一気に解消します!

事業所からインターネットを介して適用等の届出が簡単に行えます。
また、暗号化通信により、事業所と基金間で安全にデータやファイルを送受信でき、郵送に係る手間やコストカットが可能です。

事業所・基金ともに特別な設備は不要。インターネットに接続出来れば、どの事業所からでも利用でき、受託機関や業務委託形態(Ⅰ型/Ⅱ型)に関係なくご利用いただけます。

WebPLus+イメージ画像

Webで届出が可能となる手続き

適用届

手続き内容 DB DC※
資格取得 ×
資格喪失
氏名変更
基礎年金番号未登録者の番号登録
DCマッチング拠出随時中断 -

DC資格取得届については、運用商品の買付に伴い、本人の押印書類(紙)が必要となるため、Web申請対象外としています。

ファイル送受信

手続き内容
年次給与改定情報(エクセル)送受信
その他 ファイル送受信(掛金帳票等)

その他手続き

手続き内容
要支給額計算依頼
年金・一時金計算依頼
加入者一覧提供依頼
  • 各事業所が入力した届出情報はWebシステムを介して基金様側でCSVファイル形式で取り出せます。
  • 本システムは、DCの届出にも対応しています。
    DBの届出情報を入力後、自動的にDCの届出入力画面を表示して入力を促しますので、手続き漏れの防止にも役立ちます。
  • 手続き内容は基金様のご要望に応じてカスタマイズも可能です。(例)慶弔金申請等

適用届をWebシステムを介して受付け

  • 事業所は入力フォームに従って届出情報を入力します。DCがある場合は続けて自動的にDCの入力フォームに移行します。
  • 基金は各事業所が入力したデータをCSVファイルで取り出すことができます。

メリット

  • Webフォームのロジカルチェックにより届出入力の単純ミスを無くします。
  • DCの届出にも対応。DB入力後、DCの入力画面を自動的に表示し、届出漏れを防止します。
  • 届書の郵送にかかる手間や時間、コストを削減できます。

事業所との電子ファイルの受渡しが可能に

TLS暗号化通信を用いることで、データファイルの受渡しも可能です。
例えば、毎月の掛金帳票(納付書/異動記録明細/増減計算書等)や年次の給与改定情報等を電送することで、これまで郵送していた手間や郵送コストを削減できます。

メリット

これまで基金の郵送に係っていたコストを大幅に削減可能!
例えば、300事業所に毎月掛金帳票を郵送していた場合・・・
300事業所×140円(郵送費)×12ヶ月=年間504,000円を削減できます

その他の機能

  • 事業所の担当者が入力した届出に対し、事業所責任者による承認機能を設けることもできます。
  • 事業所からの要支給額明細計算や加入者一覧提供依頼の受付けもWebシステム画面から行えます。
  • 届出入力やファイルのアップロードを行った際には、宛先に対し、通知メールが自動送信されます。

セキュリティ対策

  • サーバはNTT communicationsの WebArena SuiteX を使用。
  • ログインID、パスワードを設定しWebシステム利用者を制限します。
  • TLS暗号化通信で、データの盗聴・改ざんを防ぎます。
  • Webサーバ上では個人情報を保持しません。(一時的な受渡しのみ)
  • サーバ上のデータはファイル名を暗号化(自動)
  • 受け渡しデータにはパスワードロックを実施(運用)
  • 以下セキュリティ対策を実施
    ※IPA(独立行政法人情報処理推進機構)指針に準拠
  • SQLインジェクション対策
  • CSRF対策
  • OSコマンド・インジェクション対策
  • HTTPヘッダ・インジェクション対策
  • セッション管理の不備への対策
  • バッファオーバーフロー対策
  • クロスサイト・スクリプティング対策
  • アクセス制御や認可制御の欠落への対策

セキュリティ対策