新システムを導入する際、事前に規約/業務とシステムの両面から詳細な確認を行うことで、システム化の狙いを明確にし、より基金様のご要望に沿った提案を可能にするサービスです。

これまでは、新システムの導入を決定後に、要件定義工程において、要求規模の拡大や要求機能とのGAPが発生し、追加費用の発生や必要機能の欠落等、システム導入後の満足度低下を招いてしまうケースがありました。

PIASは、新システム導入決定前に、基金様と打合せを行い、システムの機能をご理解いただくことで、要件の確認や導入についてご判断いただくことが可能になります。

PIASを採用したシステム提案

PIASのカリキュラム

PIASの期待効果

  1. 要求事項の実現性の可視化

    システムの業務フローや画面イメージと基金様の業務のすり合わせを行い、事前にシステムによる基金様の要求事項の実現性を確認できます。
    また、標準化を行うことで基金様の業務効率化に繋がります。

  2. 費用の把握

    要求実現のために必要な機能を具体的に確認できるため、全体の費用をイメージでき、効果的な投資が可能になります。

  3. 業務課題の共有

    基金さまと担当SEで打合せを行い、業務課題に関する解決策や優先度を検討・共有することにより、要件定義工程のスムーズな立ち上げができます。

    以上のように、PIASを実施することで、無駄な機能や費用を抑制しつつ、基金様の業務課題を解決へ導くことが期待されます。

その他このようなご要望にも

規約理解について、以下のような問題はございませんか?

  • 自己基金の制度内容がわかりにくい
  • 過去の制度変遷がわからない
  • 給付の判定方法が良くわからない
  • 細かい端数処理などは記載がない 等々

PIASにより、制度分析を行うことで、基金様の複雑な制度(規約)を可視化できます。
キャッシュバランス制度等、規約条文を読んだだけでは理解しきれない記載は、ポイントを絞り込んでパターン化することで、自基金の制度をより深く理解することが可能になります。