基金経理業務の業務効率化をサポートします。

実際の経理業務の流れに即した、分かりやすいシステムです。しかも、必要に応じてそれぞれの作業を独立に、あるいは併行して処理できるため、正確に、スピーディーに業務をこなせます。

本システムは、業務委託形態(Ⅰ型、Ⅱ型)に関わらず、多くの基金様にご利用いただいております。

複雑で面倒な基金経理業務を、だれもが効率的に処理できます。

複雑で面倒な基金経理業務を、だれもが効率的に処理できるツール、それが厚生年金基金/企業年金基金経理システム「ねんきん経理forWindows」です。
実際の業務の流れに即した、分かりやすいシステム設計。しかも、必要に応じてそれぞれの作業を独立に、あるいは併行して処理できるため、正確に、スピーディーに業務をこなせます。

便利で使いやすいさまざまなノウハウと安心のセキュリティを搭載した「ねんきん経理forWindows」。時代にあった業務効率化をサポートします。

会計区分を独立し、混同によるミスを防止

年金経理、業務経理(業務会計、福祉施設会計)を、それぞれ独立した業務として処理でき、会計区分の混同による誤りを防ぐことができます。また、各会計単位で締切時期をずらすことも可能です。

仕訳の訂正が簡単で、転記記帳後のセキュリティも万全

入力した仕訳伝票は、確定を行うまで訂正や削除が容易に行えます。
また、確定(決裁)し転記記帳された仕訳伝票については、訂正も削除もできない仕組みになっており、不正を防止します。

当期と翌期の仕訳伝票を併行入力

決算時期に発生する新年度と前年度の仕訳伝票を併行して入力できます。
また、年金経理で発生する責任準備金などの新年度仕訳も簡単に入力できます。

短期間で導入可能

パッケージ提供時に標準確定科目マスターを標準提供しますので、あとは各基金の個別科目を追加するだけ。
すぐに運用できます。